2017年12月5日火曜日

Vol.213「舞台、荒れ野、稽古メモ日記」の巻


11/2211月か、しかも後半戦突入か、今日は今までの稽古で終了後一番抜け殻になった日。
現在、10月の16日から始まった東京での稽古を19日に終えて、愛知県は豊橋の劇場に入り昨日より稽古再開。
今日が二日目。

11/23】今日は「場当たり」と言って照明さん、音響さん、小道具などなどを入れ、転換や色んなタイミングを中心に全体を通した。
その後、居残り特訓。心も体もヘトヘトになって、初めて感じる心になった。帰り、ここは明日からに向けてちっと元気のつくもん食わんとなってことで一人ホルモン焼きを遂行し、生ビールを2杯呑み、ホテルに戻り、なかなかおさまらない興奮を腕立てしたりして体を動かして沈めて今これを書いている。ホテルに戻って腕立て、こんなこともはじめてだ。愛しかない。明日もがんばっぺ。

11/24】朝起きて、マラソン。豊川公園。川沿い。お城跡を眺めて「ふむふむ」なんつって。戻り10時に開くうどん屋待ってうどん食う。部屋に戻りまた寝て稽古へ。色々やって通し。後、共演のみなさんと豊橋に来てはじめて一緒に晩御飯。芝居のあれこれを聞き、もっと自由になれる、なっていいことがあることを気づかせてもらう。できるかできないかは別として。もっと理解、感じる、セッション。

11/25】とても変な夢を観てうなされて起きる。稽古の影響がかなり出てる変な夢。午前、カップラーメン食べて稽古へ。おーいがんばってるか、がんばってるよ。今日は前半を中心に細かく稽古。本番までのカウントダウン。近づいてきた。この日数を毎日本番なんて、どんな感じなんだろうか。二週間毎日ライブしたことはあったけど、まったく未知。どんな感じなんだろう。小屋入りと初日は魔物が住んでるらしい。小屋入りした日、そういえば全く関係ないセリフが飛び出してしまったが、あれも魔物のせいか。未知、楽しんでいるけども、上下左右前後ろ、客観的にどうなのかとかまったくわからない。いつもそうだと言えばそうだけど。はじめてのことで不安と言えば不安。やるしかないことやるしかない。舞台上の部屋の中での出来事。その中とお客さんとの交わり、ライブとどう違うのか。稽古後、共演のみなさんとホルモン焼き。ホルモン率高し。明けて午前333分。毎日34時間寝て、すぐ起きてまたちょっと寝て。

11/28】月をみて我に帰る。ずっと悲しく、ずっとつらい。役の感情をずっと引きずる。稽古終わっても一人居酒屋でビール2杯と焼酎のお湯割り梅干入り2杯を飲みながら、稽古の余韻を引きずりブツクサ言い自主稽古、整理し書いてまとめるが店主迷惑だったかもしれない。コンビニでも気持ちおさまらず独り言。月見て我に帰るが毎日そこへ自分で持っていくことを忘れるな、自由はその先。この連載も毎日書くと決めたのに2日書いていない。この2日のことはまた後日書く、1128日。とにかくいつも本気、人を、舞台を、板を舐めるな。     
と、コンビニへ行き飯を買ってきた、はらが減り、このまま食いたくないが、さすがに無理、食う、パスタと納豆巻き。ちゃんと寝れますように。

11/29】朝モーニングへ行く。昼から稽古。夕方ゲネプロ。後、居残り稽古。後、スタッフのみんなで肉。

11/27】この日はオフ。墓参りへ。今年、今回の舞台のお誘いの電話をもらう一週間前、お世話になっていた事務所の社長が亡くなった。葬式がご実家の西尾市であり、その後みんなで海へ行った。僕たちはデビュー時、西尾に滞在して学校出前ツアーと称し、2週間ほど学校や幼稚園、病院や老人ホームでライブをし、夜は海に集まって焚き火をした。前にも書いたけど、他とは違うそんな経験をさせてくれた社長は、自分らで活動するようになってもずっと、自分の心の中で物事を選ぶときや、在り方の基準になった。そんな人の葬式の一週間後に今回の舞台のお誘いをもらい、豊橋の劇場が主催すること、豊橋で公演することを聞き、勝手に運命を感じて決めた。豊橋と西尾は同じ三河湾を囲んでいて近い。焚き火をして過ごした三河湾に行ける。勝手に社長に、三河湾に、呼ばれたように感じた。だのでこの日、墓参りへ。報告したり、お礼を言ったり、お願いしたり。お墓には大きく「調和」と書いてあった。

11/28】この日の稽古はダメダメだった。

と、時系列がバラバラですが、ここ数日の日記、というかメモでした。

いよいよ本番、その朝なう。
舞台始まりの音楽が頭の中を回ってる。
初日の舞台はどんなだろうか。昨日のゲネプロに魔物は出てこなかったが、また全然違う雰囲気になるんだろうな。
きっと何かしらあるんだろうな、魔物。楽しみきれるかだ。
どきりどきり。一つの作品を作るのにたくさんの人が関わってる。
明日からの本番に向けて応援してくれる人たちがいる。
それを力にして、魔物とも上手に付き合って今日からの本番を楽しみきろうとおもう。
また、報告は来月のこの場所で。と、今月はこのへんで。いってきます。



長いホテル暮らしにもってきた コップ。
コップ1つでなんだか安心、心落ち着くもんですね。

マラソンして 行きついた畑

畑の中のガソリンスタンド

頭に流れ いい曲だなぁ
なんつって

東京稽古

帰り道

セリフ 覚えて てくてく ぶつぶつ

豊橋公園に吉田城というのがあり。そこに生えていた木。
力強か根でござる。

猫ちゃん。

豊橋名物モ-ニング。

鍵盤田中だいちゃんのソ-ルフ-ド。滞在期間中に一度はいってみようか。

マツボックリ

これも部屋にあるだけで
癒しになりますな。

今回は荷物も多く、ギターをもってこなかったのだけど、辛抱たまらず、アマゾンでミニギタ-を購入。


◆諭介がお答えいたします


■「横浜マラソン中止、本当に残念でしたね。でも走る事で得る事も沢山あったみたいでなによりです。
これから舞台というライブとは違うフィールドでの挑戦ですね。この経験を楽しみきって、ぷりっとひと皮むけた中尾さんを楽しみにしています。東京公演見に行きます。
全然関係ないですが、舞台で思い浮かぶ子供の頃の記憶。私が保育園児だった時、園児の保護者達を呼んでのお遊戯の発表会での出来事。練習の時は全然大丈夫なのに、いざ本番になり見知らぬ保護者の人達の前に出ると急に怖くなり大泣きしてしまった経験があります。それも1回じゃなく発表会のたび毎回大泣き。大泣きして踊りどころじゃなくなるので代役がスタンバイするようになり、必ず代役と交代していた記憶。唯一泣かなかったのが魔法使いの役だったことは覚えてます。楽しかったんだろうな魔法使い」
(柿の種 2017113 23:38
→楽しかったんだね、そこやね、どこまでも楽しめる宝がまだまだ役の中に眠ってるんだろな。最後までみつけれないものもあるんだろうけど、一個でも多くみつけようとおもうわ。

■「こんにちは!!無駄に気合いを入れてコメントしています!
マラソン。とっても残念でした。私も残念でした。走りきってきってきってきって、どう感じたのか感想聞きたかったです。しかし、さすがです中尾さん。走らずとも、しっかり感じきったことを教えてくれましたね。ありがとう!
脱皮の年。新しいことをするってとってもワクワクしますが、緊張もしますよね...年を重ねるほどそうゆうのって億劫になります...が!舞台!舞台~!これまた楽しみです。豊橋へ観にいきます。
私もずっとやりたかった仕事始めました。緊張の日々ですが、ワクワクドキドキで頑張ってます。こういう日々は、無駄なこと考えなくて精神衛生面も非常に良かです。仕事で初宮崎県にも行く予定です!
ではでは、舞台楽しみにしております! 」
Yuka 20171111 22:23
→うん、余計なことが離れてくね、それはとても幸せなことなんだとおもうわ。ドキドキとワクワクですすんでこ。

■「中止ショックでした。残念!悔しい!走れる!って思ったと思いますが、初フルマラソンが暴風雨なのも心配だし、これはもう神様からのお告げとして受け止めました。走っていたらなにかあったとか、完走できなかった、中止になってよかったと思うようにしていました。あとは雨男誰?!とか、予期せぬ結末に笑うしかなかったり。でもここを読み、雨でも立ち向かう気満々だったこと、いつの間にか5時間切ろうとするくらいになっていたこと、何があっても諦めないテーマ、ライブでマラソンの話になると悲しそうな顔に見えて、私が想像していたよりずっと悔しい想いがあったんだろうなと、今さらがっかりしたり、絶対走れた!と思ったりです。脱皮ってきっとそんなに楽じゃないはず!うまく行ったり行かなかったり、マラソン大会が中止になったりするレアな経験も全部生かして、次の舞台にぶつかってください!私もそんな諭介さんの姿を楽しみます。」
A.T 20171117 17:25
→おうっ。次の舞台にぶつけるよ、以外とというか、かなり、舞台も体力いるし、走っててよかった。自分に負荷を、人から負荷をかけ続けなきゃいけない、感じなきゃいけないので、走っててよかったよ。

■「中尾さん、こんにちは!
舞台「荒れ野」とても楽しみです。東京公演観に行きますので!!
気が早いですが、お正月の質問です。
私はいつもの正月は実家に帰って母のおせちやお雑煮を食べる専門でしたが、
今年の年末年始は自分で一品作ってみようかね、と思ってます。
中尾さんは正月料理、何が一番好きですか?それを母に習って作ってみようと思います。
(中尾さんのおふくろの味=宮崎文化でしょうか?うちの母は熊本出身なので、似てるのか…違うのか…??)

ではでは(^-^)/
(しゃるろっか 20171125 3:25
→ぼかぁ、きな粉餅やね、丸い形の餅をばあちゃんちで作ってたおもいでがあるわ、つきたての餅をちぎって、両手で丸めてって。たこあげしてコマ回してってことがある時代だったよ。

■「こんにちは。マラソン中止、本当に残念でしたね。でもきっと頑張ってきたことは違う形で諭介さんの中で新しい花を咲かせたんじゃないかと思います。その種を持ってまたチャンスがあったらその時は大きな花を咲かせてくださいね。

そして、これが更新される頃にはもうひとつの挑戦、舞台も始まってますね。私も歌わない諭介さんを見るのは楽しみだけどちょっとドキドキします。
一皮むけた諭介さんが遠い人に感じちゃったら寂しいけど、私もそんな諭介さんからシゲキックスいただいて何か変われたらいいなぁって思います」
(夕陽 20171125 23:24
→豊橋あと2日なう、一日おいての今日は、どんななろか、たのしみ。この期間はもう、役になって生きる。楽しむわ。楽しみきるわ。脱皮できるかわからんけど、きっと終わって時間がたつにつれてこの今の時間が光りだすんだとおもうわ。